太陽光発電は 得 VS 損

太陽光発電は得 VS 損太陽光発電は 得 VS 損

衝撃的なタイトルですが・・・巷では太陽光で毎月の電気代入らず?さらに売電でおこづかいGET?
なんて声もちらほら聞こえてきますが、本当のところはどうなのでしょうか?
胡散臭くないのか胡散臭いのか?結局は得なのか損なのか?はたまた半か丁か?
まるかさは包み隠さず太陽光のメリット・デメリット、真実のみを皆様にお伝えいたします。

「太陽の光(エネルギー)」を「電気」に変換

太陽光発電システムの中心になっているのが太陽電池です。太陽電池は太陽光(エネルギー)を吸収して直接電気に変えるエネルギー変換器。シリコンなどの半導体で作られており、この半導体に光が当たると日射強度に比例して発電することができます。

太陽光パネル

作った電気は、そのまま家庭用電力として使用

住宅用の太陽光発電システムは、太陽の光エネルギーを受けて太陽電池が発電した直流電力を、パワーコンディショナにより電力会社と同じ交流電力に変換し、家庭内のさまざまな家電製品に電気を供給します。 一般の系統連系方式の太陽光発電システムでは電力会社の配電線とつながっているので、発電電力が消費電力を上回った場合は、電力会社へ逆に送電(逆潮流)して電気を買い取ってもらうことができます。


反対に、曇りや雨の日など発電した電力では足りない時や夜間などは、従来通り電力会社の電気を使います。 なお、こうした電気のやりとりは自動的に行われるので、日常の操作は一切不要です。

住宅用の太陽光発電システム

太陽光発電のメリット・デメリット

クリーンで太陽が有り続ける限り枯渇しない

太陽光発電の最大のメリットは、エネルギー源が無尽蔵で、クリーンである点です。太陽が存在し続ける限り.石油を燃焼させて電気を起こす火力発電のように、発電時にCO2(二酸化炭素)や、SOX(硫黄酸化物)、NOX(窒素酸化物)などの大気汚染物質を発生させることがありません。

クリーンな空

光熱費を削減できる

太陽光だけで電気をまかなえる時間が少しでも増えれば、光熱費が大幅に削減できます。また余った電気を電力会社に売ることができるので、設置費用の回収を早めることも期待できます。

太陽光だけで電気をまかなえる時間が少しでも増えれば、光熱費が大幅に削
減できます。

設置場所を選ばない

太陽光発電は、導入するシステムの規模に関係なく発電効率が一定です。設置する場所の広さに合わせて自由に規模を決めることができるため、それぞれの条件に合ったシステムを設置することができます。騒音や排出物もないので、日射量さえ確保できれば、設置場所を選びません。屋根や屋上などへの設置のほか、近年ではビルの壁に設置するケースも増えています。

太陽光発電は、導入するシステムの規模に関係なく発電効率が一定です

初期費用が高い⇒うち安いと思います

初期投資が大きくその回収にかかる期間は10 年とも20 年とも言われています。回収期間は設置条件や日照条件により異なります。
子供達の事を考えれば安い買い物かもしれませんが。

初期費用が高い⇒うち安いと思います

悪天候が続くと発電ができない

太陽光発電は太陽の光を使って発電しているため、夜間は電気を発電できません。また天気が悪かったり、日照時間の短い冬場などは発電効率が落ちるので発電できる電気が少なくなります。

悪天候が続くと発電ができない

メンテナンスに費用がかかる

メンテナンスに費用がかかる 保証期間内であれば無償で修理ができますが、保証期間終了後は有償修理となってしまいます(メーカーによって保証は異なります)。また、自然災害に対する保証もメーカーによって異なります。

売電のこと、もっと知りたい

自宅で発電し、電気を売る時代がやって来ました。

家庭内で使い切れない電気は電力会社が買い取ってくれるため、電気代の大幅な節約が期待できます。 日本全国どこでも、電力会社に売ることができるようになりました※1。これまでは、設置用途や年度毎に買取価格に変動がありましたが、新しい制度では向こう10 年間は価格を固定して買取が行われます※2。

電力グラフ

※1. 住宅用の太陽光発電設備の発電能力が10kW 未満の場合。※売電契約の開始年度により売電単価は変更になります。
※2. 天候など気象条件によっては、すべての電化製品をまかなえない場合もあります。
太陽光発電ならびに時間帯別電灯契約のご利用にあたっては、電力会社との別途契約が必要になります。

もしもの時に備えて安心。「蓄電池」で電力確保

東日本大震災以降、不安定な電力供給が深刻な問題になっています。急に停電すれば「パソコンや電話が使えない」「サーバーにアクセスできない」「大事なデータが失われる」など、事業を継続することが困難になる恐れがあります。災害時の停電や、夏場・冬場の電力不足時の非常用電源として、「蓄電池」が注目されています。

蓄電池には、こんなメリットがあります。


蓄電池のメリット

予期しないもしもの停電時に安心!

もしもの停電時や、計画停電に備えて、大容量の蓄電システムからご家庭に、必要な電力をバックアップします。
蓄電システムからの電力供給は、普段からお使いの非常時兼用コンセントに切り換えるので、突然の停電でもコンセントの差替えなどは不要です。

梅雨の時期でも電力を安定供給!

昼間の停電時、太陽光発電している時は、太陽光発電から非常時兼用コンセントに電力を供給します。もし、突然、お天気が曇りや雨に変わっても、蓄電システムがサポートして、安定的な電力供給を続けます。夜間や雨天の停電時は、蓄電システムから非常時兼用コンセントに電力を供給します。

補助金に関する詳細はこちら
結果、太陽光発電は“ 得” だと思います??

太陽光発電の設置をお考えの方へ

まずは屋根無料診断をご活用ください。


地震の備えや、屋根のことで少しでもお悩みがございましたら、まずはお気軽にまるかさにご相談ください。
屋根専門店の職人が現状をチェックいたします。
屋根診断やご相談は無料です。お気軽にお電話まはメールフォームにてお問い合わせください!

施工事例集施工事例集

まるかさでは、屋根工事はもちろんのこと、太陽光発電から外壁塗装までお家に関わる全ての施工をノンストッ プの一括対応でお引き受けしております!こちらのページではこれまでの施工事例を掲載しております。 是非一度まるかさの仕事ぶりを見てってください。

  • IMGP0084

    「京都府宇治市」で「屋根工事」「雨漏り修理」を実施しました。「日本瓦」は野地板さえしっかりしていれば、何とか修繕可能なんです!!

    「雨漏りみてもらえますか?」との連絡に行ってみると なかなかのもんです。 賃貸で
    ...続きを読む

  • 1517721461231

    「京都府城陽市」にて「雨漏り修理」!! シングル屋根の劣化からの「雨漏り」!!カパッとカバーしました。

    アスファルトシングルとは、アスファルトシートに天然石を吹き付けしているものが多く
    ...続きを読む

  • DSC_0605

    「京都市右京区」の嵐山駅にて、「屋根」の「修繕工事」を行いました。

    もとの屋根は、こんな感じでした。 このビルにキャビン宿泊施設ができるので、屋上に
    ...続きを読む

  • DSC_0416

    今回は「京都市」「西京区」で「雨漏り」対応から、「耐震助成金」を利用した「屋根の葺き替え工事」の実施

    以前に西京区で、雨漏り修理を行ったお客様。 改めて、お電話をいただき、「葺き替え
    ...続きを読む

  • IMGP0045

    「京都市北区」で「雨漏り」「緊急対応」「屋根修理」の実施。3階建ての軒先で隣の家の壁が隣接する場合の修繕。

    今回は、以前の雨漏り修理のお話です。 平成29年10月22日発生の、台風21号の
    ...続きを読む

  • IMGP0140

    「京都市左京区」にて、「雨漏り修理」これは10月22日発生の「台風」21号による被害でした。「火災保険」は重要です。

    今回のお客様は、台風により「瓦」が飛んで、大変なことになっているとのことでした。
    ...続きを読む


すべての施工事例を見る

  • 施工事例特集
  • お客様への約束
  • まるかさ通信
  • MOVIE まるかさ劇場
  • まるかさブログ
  • お客様アンケート
  • 見たって うちの最強メンバー
まるかさ株式会社ロゴ

〒611-0041
京都府宇治市槇島町
五才田9-1
TEL. 0774-66-3622

フリーダイヤル 0120-123-738 blank 無料 簡単入力でお問合せ blank

地図を見る

  • フェイスブック
  • 採用情報
  • 工務店様へ