施工事例特集

雨漏りのご相談で、タウンページよりお問い合わせです。

IMGP8725 IMGP8726

強風時に限らず、雨漏りするときと、しない時があるとのことでした。

屋根材は、モニエルセンチュリオン

IMGP8694 IMGP8703

トップライトからの雨漏りかな?と思いきや

漏れている箇所が、反対面。割れている瓦は0枚。瓦のズレもなし。

ここで、経験上「セメント瓦」の「よくある」を思い出しました。

「もしかして、吸い越している??」

この屋根材は、モニエル瓦(ラファージュルーフィング製)現在販売はされていません。

コンクリート基材に、スリラー層、塗膜、表面塗膜となっているのですが

塗膜が劣化すると、ただのコンクリートです。当然水はしみこみます。

瓦にしみ込んだ水が飽和状態になると、なんと雨水は瓦を吸い越してしまうのです。

葺き替え工事をご依頼いただきましたのでめくってみますと、やぱっり!!

IMG_20170626_112208 IMG_20170626_112311 IMG_20170626_112305

あらゆるところから、吸い越し漏れが発生しています。トップライト雨漏りしておりましたが、幸い室内には至らずでした。

吸い越し雨漏れも問題なのですが、ルーフィング材(下葺き材・二次防水)の貼り方にも問題があるんです。下写真のように、ケラバ(屋根の左右端)までルーフィング材が届いていなかったり

IMG_20170626_112234 IMG_20170626_112239

軒先(屋根の先端・雨樋が付いているところ)にぴったりだったり

IMG_20170626_112311 IMG_20170626_112208

これでは、雨漏りしなくても結露が溜まっても漏れてしまいます。

見えないところの工事です。業者選びは、本当にむづかしいです。

さて施工に戻ります。

まずは、ルーフィング張り。ゴムアスルーフィングを採用しました。

ゴムの伸縮性と、アスファルトの撥水性をあわせもつ優れものです。

IMG_20170626_120750

しっかり、軒先はルーフィング材を被ぶして

IMG_20170626_142315

ケラバは、ルーフィング材を巻き込んだうえで、防水テープで密着しました。

IMG_20170626_142405

もちろん、トップライト水切りは新設します。

20170630175242

ちなみに、瓦桟(瓦を釘固定する材木)はウォーターフォール桟(結露流し穴つき)です。

IMG_20170626_142405

ルーフィング材との設置している部分に1センチほどのくり抜きがあるのが見えますでしょうか?

防腐処理済のみを使用しています。

使用材料は、アルプス製瓦 アルペン30です。

20170630175217 20170630175313

トップライトの仕上がりもこの通りです。

20170630175327

梅雨も終盤、九州北部でも大雨による災害が発生し、京都でも強烈な雨が降っておりますが、雨漏りはぴったり止まったとのことです。

45㎡ 3階建て相当(高台2階建て) モニエル瓦からアルプス製瓦、アルペン30への葺き替え工事、足場代込で 581,000円(税込み)

 

 

 

クレジットカード使えます
まるかさ株式会社ロゴ

〒611-0041
京都府宇治市槇島町
五才田9-1
TEL. 0774-66-3622

フリーダイヤル 0120-123-738 blank 無料 簡単入力でお問合せ blank

地図を見る

  • フェイスブック
  • 採用情報
  • 工務店様へ