施工事例特集

DSC_0416

以前に西京区で、雨漏り修理を行ったお客様。

改めて、お電話をいただき、「葺き替えするわ!」とご決断いただきました。

再度お声がけいただきますのは、感謝感激です。ありがとうございます。

さて、屋根は塩焼き瓦 これは、40年以上前に製造が終わっている屋根材です。

DSC_0399

雨漏りの原因は、いろいろありましたが、やっぱり谷でしょうか??

DSC_0401

銅板の谷や樋は、酸化して穴が開くとか、雨の水圧で穴が開くとか とにかく穴が開いている確率が非常に高いです。

しかし、銅板の谷は、タニコークという専用コーキング材で修復済です。

ではどこから、雨漏れしているのでしょうか?

1516923207023

実は、棟からの雨漏れでした。

原因につきましては、調査時に赤外線カメラや瓦を一部めくっていたのでわかっておりましたが、このケース結構多いのです。

 

さて工事に戻ります。葺き土を撤去後、野地の不陸調整・垂木補強に入ります。

1516923441108

そして野地板貼り。針葉樹合板12mmを使用しています。

1516923486457

ゴムアスルーフィングの設置。ゴムの伸縮性とアスファルトの撥水性を併せ持つ、高級下葺き材です。

1516923494902

断熱材として、ペフというシート。材質はポリオレフィンフォーム。

1517268864254

断熱材後、水切りや谷などを入れていきます。

ちなみに今回の谷は、ガルバリウム鋼板です。

1517268883005

不陸調整・垂木補強を通気層にして、棟換気を行います。

換気口

1517268886880

換気棟

1517268932506

雨樋も交換します

IMG_20180130_120107

完成しました。雪が多かったので1週間かかりました!!

IMG_20180130_115912 IMG_20180130_115900 IMG_20180130_115842

新しい屋根材は、ガルバリウム鋼板 立平葺きです。

長持ちしてくれよ~

 

 

関連記事-こちらもどうぞ

クレジットカード使えます
まるかさ株式会社ロゴ

〒611-0041
京都府宇治市槇島町
五才田9-1
TEL. 0774-66-3622

フリーダイヤル 0120-123-738 blank 無料 簡単入力でお問合せ blank

地図を見る

  • フェイスブック
  • 採用情報
  • 工務店様へ