施工事例特集

20170902172659

今回は、京都の耐震助成金「まちの匠の知恵を活かした京都型耐震リフォーム支援事業」を活用した、屋根の軽量化リフォームを実施しました。

京都市伏見区にて、屋根の老朽化に、悩まれておられ、近所で「まるかさ(株)」の仕事を見ていてもらえたのがきっかけですが、助成金対象の家ですので、提案させていただき申請を代行させていただき、無事に完了することができました。

このような案件が、月に3~5件ありますので、我々も申請にはずいぶん慣れてきました。

既存屋根は、日本瓦(塩焼き)の土葺き工法で非常に重たい屋根に分類されていました。

IMG_2769 018

まずは、屋根瓦の撤去です。

IMG_2776

屋根土が瓦の劣化により、水を含んだり経年劣化をして砂状になってしまっています。これらをすべて、撤去していきます。

IMG_2784

そして垂木補強後、野地板貼り。針葉樹合板12mmを貼りました。

IMG_2789 IMG_2790

続いて、下葺き材「ゴムアスルーフィング」の設置。ゴムの伸縮性とアスファルトの撥水性を併せ持つ下葺きシートです。まるかさでは、このシートを標準採用しています。

IMG_2799

屋根材は、立平葺きです。素材はガルバリウム鋼板です。

20170902172758

ここで、換気棟という商品をご存知でしょうか?

換気棟は、屋根裏にたまった空気を外に逃がす効果があります。

屋根が焼けると、屋根裏が熱くなります。鉄板表面温度は真夏で80℃に上ります。湿度も上がります。60~70%ぐらいで、サウナ級です。

このような過酷な環境で、屋根野地や垂木が長持ちするとは思えません。

そこで、我々「まるかさ株式会社」では下葺き材と、もう一つ標準採用品として、換気棟を設置します。

20170902172720 20170902172659

波板も交換します

DSC_1441  →20170913172520

 

外壁材もリフォームします。

DSC_1439

外壁の透湿防水シート貼り

20170913172320

ガルバリウム鋼板による庇の板金カバー

20170913172221 20170913172239

外壁材の設置。鉄板サイディング「アイジー工業 ガルバ伸壁」を使用しました。

20170913172416

錆びた鉄骨なども再塗装していきます。

DSC_1442 →20170913172506

今回は、室内のリフォームとして、寝室の防音壁を設置させていただきました。

左官の聚楽壁です。

DSC_0667

まずは、遮音シートを壁に貼っていきます。

DSC_0670

下地うちの実施

DSC_0671

スタイロフォームを下地の間に挟んでいきます。

DSC_0672 DSC_0673

プリント化粧合板を貼って仕上がりです。

2017092617284120170926172912

屋根の耐震で安心して暮らし、安心して眠っていただけます。

まるかさ株式会社は暮らしに役立つ家づくり業を実施しています。

関連記事-こちらもどうぞ

まるかさ株式会社ロゴ

〒611-0041
京都府宇治市槇島町
五才田9-1
TEL. 0774-66-3622

フリーダイヤル 0120-123-738 blank 無料 簡単入力でお問合せ blank

地図を見る

  • フェイスブック
  • 採用情報
  • 工務店様へ