特集 屋根なんてめくらんでもできます

屋根なんてめくらんでもできます屋根なんてめくらんでもできます

屋根をめくらず工事するって本当にできるの?って思われた方・・・出来るんです!!
既存の屋根の上からカパっと新しい屋根をかぶせるだけなんです!!
しかも4 日程度でできるんです!しかもしかも工事中も普段通りの生活ができるんです!!
決して手抜き工事じゃないですよ!屋根職人だからできる技をご期待ください。

屋根なんてめくらんでもできます

屋根工事って考えただけで大変そうなイメージですが、カパッと既存の屋根にかぶせる方法・・・それがカバー工法なのです。カバー工法のメリットは、葺き替えに比べ工事期間が短く、費用が抑えられる点です。また、既存の屋根を解体しないので廃材が出ず、環境にやさしい方法といえるでしょう。さ らに屋根材が二重になるので、断熱性、遮音性も高まります。

屋根

恐怖のアスベスト! 対策にもなるカバー工法

カバー工法は、社会問題になっているアスベスト対策に対応する方法として用いられています。
昔のスレート屋根にはアスベストが含まれているものが多く、不用意に解体すると粉じんを飛散させてしまいます。カバー工法なら屋根を解体しないの で、アスベストが飛散せず近所迷惑になりません。
リフォーム工事の手順は、既存屋根の上に防水シートを張り、屋根材の下に並べる垂木(たるき)を一定間隔で釘止めした後、新しい屋根材を設置します。
下地が腐って釘が打てない場合は、補修が必要になります。また、小屋裏の換気が十分でないと結露が発生するので、棟から空気が抜けるように換気工 事もしておくことが大切です。

恐怖のアスベスト!

カバー工法のメリット・デメリット

解体工事費と廃材処理費が節約できるので、その分費用がお安くなります

解体と廃材処理が不要の為、葺き替えなどと較べると費用がお安くなります。
2004 年、原材料に含まれるアスベスト濃度の法規制が変更されました(詳しくは 厚生労働省のサイト をご覧ください)。
2004 年以前に施工された建築物の建材にはアスベストを含んだものがあります。アスベストを含む建材は環境負荷が高いために解体も難しく、その費 用も、廃材処理費も高額になります。廃材がほぼ出ないカバー工法はこのような屋根にも最適です。
「 アスベストを含んだ建材が使われている建物に住んでいて大丈夫か」とお思いの方もいらっしゃるでしょうが、ご安心下さい。破壊や粉砕しない限り、空気中に飛散することはありません。
また、お住まいの屋根の種類が分からない方はお気軽にご相談ください。

解体工事費と廃材処理費が節約できる

工事期間も本当に短いです!

塗装や葺き替えよりも短い工期で施工できます。工期が短いということは人件費も少なくなりますので、それだけ費用もお安くなります。
普段とは違った環境で生活しなくてはならないという心理的な不安も少なくなります。
足場を架設した場合、出入りがしにくい、窓が開けずらいといった不便を感じることもありますが短い期間で通常の生活に戻れることは大きな利点と言えるでしょう。

塗装や葺き替えよりも短い工期で施工できます。

工事中も普段と変わらない家族団欒を楽しむことができます

解体が必要なのは棟の板金や雪止めぐらいです。ですのでお住まいの大きさにもよりますが、解体工事にかかる時間は半日程で済んでしまいます。
また、お住まいの内部に手を加えることはありませんので、普段の生活への影響はほぼ皆無です。
塗装と違って臭いも出ないので、工事期間中もストレスなくお過ごしいただけると思います。

家族団欒

環境に優しくエコです!

地球にやさしく、環境負荷が少なく、とてもエコです。前述のアスベスト以外にも二酸化炭素排出量の問題があります。廃材を運搬するのには車を使います。廃材が少ないということは運搬する回数や量を減らすことになります。
地球温暖化の元凶と言われている二酸化炭素、その排出量の削減にも貢献できるワケです。

地球にやさしく、環境負荷が少なく、とてもエコです。

残念ながら瓦屋根はカバー工法に向いていないです

一般的なお住まいの屋根の場合、金属やスレート( カラーベスト、コロニアル)はカバー工法に向いていますが、瓦は向いていません。また、太陽光発電の設置も難しくなります。瓦も、太陽光も、施工できないことはないのですが、他の工事で対応した方が費用やメンテナンスの面でオトクということがほとんどです。
カバー工法が向いている屋根、向いていない屋根についてとその詳細はお気軽にお問い合わせ下さい。

瓦屋根はカバー工法に向いていない

劣化状況によっては、施工できない場合も

屋根の下地が劣化していた場合、その部分を補修しなければなりません。補修せずにカバー工法を行ってしまうと、そのまま放置してしまうことになります。
以前、弊社が点検・調査にお伺いしたお住まいでは下地が腐食された状態で施工されたためか、建物内部まで被害が進行している例もございました。カバー工法が施工された建物でこのような状態なってしまいますと、現在の屋根と従来の屋根、二重の屋根を剥がさなければならず、大変手間がかかり、費用も嵩んでしまいます。
弊社では入念な点検と調査をしてから、施工できるかどうかを判断しています。場合によってはカバー工法をお断りし、他の工事をご提案する場合もございますので、ご了承下さい。

劣化状況によっては、施工できない場合も

屋根の重量増加を招きますが最善の方法を提案いたします。

屋根は軽い方が有利です 耐震性を考えた場合、屋根は軽い方が有利です( 詳しくは屋根葺き替え工事をご覧下さい)。
カバー工法ではこれまでの屋根を撤去せず、その上に新しく屋根を被せるため、重量増は避けられません。そのため、弊社では軽い金属屋根材( ガルバリウム鋼板) をお薦めしています。

「カバー工法」設置手順

「カバー工法」設置手順

出来るだけ短期間で屋根を修理したい方へ

ゴミ代にまるまる10万円!高い気がする!! 他の会社でもらった見積もりが高い気がする… まだ工事をするか分からないけど、とりあえず相談だけしてみたい どこに、どのように頼んだらよいか分からない 金額がいまいち分からない
まずは屋根無料診断をご活用ください。


地震の備えや、屋根のことで少しでもお悩みがございましたら、まずはお気軽にまるかさにご相談ください。
屋根専門店の職人が現状をチェックいたします。
屋根診断やご相談は無料です。お気軽にお電話まはメールフォームにてお問い合わせください!

施工事例集施工事例集

まるかさでは、屋根工事はもちろんのこと、太陽光発電から外壁塗装までお家に関わる全ての施工をノンストッ プの一括対応でお引き受けしております!こちらのページではこれまでの施工事例を掲載しております。 是非一度まるかさの仕事ぶりを見てってください。

  • IMG_2974

    京都市西京区で「雨漏り対応」日本瓦土葺きの屋根を、耐震助成金を活用した屋根リフォーム

    西京区日本瓦土葺きのお客様です。 隣のアパートの樹木が覆いかぶさってきて、瓦がず
    ...続きを読む

  • IMGP8877

    京都市伏見区で雨漏り対応。何度も何度も雨漏り修繕されてきて、「まるかさ株式会社」にたどり着かれました。誰も直せなかった雨漏りを「まるかさ」は直して見せます!!

    今回のお客様は、ベランダと家の取り合いから雨漏りしているため、何度も雨漏り修繕を
    ...続きを読む

  • 20170916104026

    やっぱり、「まるかさ」は瓦屋です。京都府宇治市で樋の修繕から、外壁塗装、屋根の葺き替えまで丸ごと外装リフォームをすることになりました。

    宇治市で雨樋の雨樋の調査に行ったところ、屋根・壁・樋 外装丸ごとリフォームに発展
    ...続きを読む

  • 1505431029540

    以外とわからない、板金屋根材の雨漏り。京都市伏見区で雨漏り調査。原因は??

    今回は、京都市伏見区で雨漏り調査のご依頼です。 屋根材は、丸ハゼ式瓦棒(鉄板)で
    ...続きを読む

  • DSC_1415

    京都の雨漏り調査は「まるかさ株式会社」におまかせ!! 赤外線カメラで雨漏り場所を特定!最速で修繕をいたします。

    今回は、玄関庇からの雨漏りです。 玄関のポーチライトに水がたまるほど、雨漏りして
    ...続きを読む

  • 20170902172659

    京都市「まちの匠の知恵を活かした京都型耐震リフォーム支援事業」の助成金を活用した、「屋根の軽量化」。「耐震リフォーム」を実施しました。

    今回は、京都の耐震助成金「まちの匠の知恵を活かした京都型耐震リフォーム支援事業」
    ...続きを読む


すべての施工事例を見る

  • 施工事例特集
  • お客様への約束
  • まるかさ通信
  • MOVIE まるかさ劇場
  • まるかさブログ
  • お客様アンケート
  • 見たって うちの最強メンバー
まるかさ株式会社ロゴ

〒611-0041
京都府宇治市槇島町
五才田9-1
TEL. 0774-66-3622

フリーダイヤル 0120-123-738 blank 無料 簡単入力でお問合せ blank

地図を見る

  • フェイスブック
  • 採用情報
  • 工務店様へ